新潟大学 物質量子科学研究センター
Center for Quantum Materials Science

更新履歴

2014
Mar.
ホームページをリニューアルしました。

新着情報

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

センターについて

センター概要,センター長挨拶はこちらから

物性コロキウムのご案内

日時:8月31(木)16:25~17:55 @ 物質生産棟 751
講師:佐藤 憲昭 教授(名古屋大学大学院 理学研究科)
題目:結晶と準結晶の多様性と普遍性

これまでの物性物理学は、周期性を持つ通常の結晶(現代的な定義に基 づけば「狭義の結晶」)を暗黙の裡に仮定し、電気伝導、磁性、あるいは超伝導などを議論してきた。例えば、Bloch の定理により、完全金属結 晶の電気抵抗がゼロとなることを我々は知っている。一方、周期性を持 たないアモルファス(乱れた系)に対しても理解が進み、その波動関数 が Bloch 状態とは対照的に(実空間において)局在していることもよく 知られている。これらに対し、30 年ほど前に発見された「準結晶」の物 性については、殆ど何も解明されていない。例えば、(通常の)結晶も アモルファスも超伝導になる物質は数限りなく存在するのに、超伝導を 示す準結晶はこれまで一つも発見されていない。また、磁石のような長 距離磁気秩序を示す準結晶も未だ発見されていない。これが準結晶の特 性・本質なのかという基本問題に対して、我々は未だ答を得ていない。 近年、我々は、Yb 原子を含む準結晶において(重い電子系でしばしば見 出される)量子臨界現象を見出すとともに、超伝導を示す準結晶も発見 した。本コロキウムでは、これらの実験結果の紹介と、その背後に潜む 物理(通常の結晶と比べたときの多様性と普遍性)について議論すると ともに、「準結晶と重い電子系(強相関電子系)の境界領域」に未開拓 のフロンティアが拡がっていることを示したい。


日時:8月23日(水)10:00~11:00 @ 物質生産棟 751
講師:Matthias Raba (PhD student LNCMI-Grenoble)
題目:Electronic and magnetic properties of CePt2In7

CePt2In7 is a recently discovered heavy fermion material belonging to the same family as the well-studied isotropic CeIn3 and quasi-two-dimensional CeRhIn5 compounds. The spacing between Ce-In planes in CePt2In7 is drastically increased [1] as compared to CeRhIn5, implying a more two-dimensional crystal structure.
 Along with the other compounds of its family, CePt2In7 temperature-pressure phase diagram exhibits an antiferromagnetic phase below 5.5 K at ambient pressure. The Neel temperature is suppressed by increasing pressure. A superconducting dome emerges around a quantum critical point at Pc = 3.2 GPa [2] associated with this magnetic phase, whose magnetic structure was unknown until very recently.
 First of all, I will briefly introduce quantum oscillation phenomenon and the tunnel-diode-oscillator (TDO) technique. I will then present some recent preliminary results of quantum oscillation measurements using a tunnel-diode-oscillator circuit and high pressure cells. Finally, I will show the results of a single-crystal neutron diffraction experiment on CePt2In7, which allowed us to determine its antiferromagnetic structure [3].

[1] T. Klimczuk et al., J. Phys.: Condens. Matter 26, 402201 (2014).
[2] V. A. Sidorov et al., Phys. Rev. B 88, 020503(R) (2013).
[3] M. Raba et al., Phys. Rev. B 95, 161102(R) (2017).


コロキウムの詳細や過去行われたコロキウムはこちらから

リンク


センターロゴデザイン 奥西 巧一 准教授