新潟大学物性理論研究室のホームページへようこそ

当研究グループでは、強相関電子系、量子スピン系、ソフトマターなどのテーマを、理論・数値計算を用いて微視的な視点から研究を行なっています。

研究室の見学はいつでも歓迎しています。


イベント

日本物理学会(春季)@東京理科大学(野田キャンパス)
(参加者氏名 『発表タイトル』)
吉森明(教授) 『拡散係数のStokes-Einstein則からのずれに対するミクロな表式』
奥西巧一(准教授 『サイン2乗変形と運動量』
中村康晴(D3) 『多層遷移金属ダイカルコゲナイドにおける磁場中超伝導状態』
関孝一(D3) 『積層カゴメ格子における立体秩序Cubocの相転移』
土門薫(D1) 『Ta2NiSe5の3鎖ハバード模型における励起子秩序のFF状態とLO状態II』
小野里佳孝(M2) 『カゴメ 三角ストリップ模型の有効模型』
田村雄大(M2) 『荷電コロイド粒子の結晶化に影響する平均力ポテンシャルの斥力』
飯塚優人(M1) 『1-2-20系の第一原理バンド計算と四極子秩序II』
関川 卓也(B4) 『第一原理計算によるWO3表面の電子構造と超伝導』
4年生 卒業発表会
(参加者氏名 『発表タイトル』)
比嘉駿 『ブラウン運動について』
荒井翔太 『グラフ理論と動径分布関数』
和田大宗 『拡張アンサンブルモンテカルロシミュレーション』
野地隼平 『Van der waals 理論の臨界指数の導出』
竹屋匡皓 『繰りこみ群変換について』
佐々木健人 『グリーン関数法の導入』
関川卓也 『WO3 表面の第一原理計算』
修士課程 卒業発表会
(参加者氏名 『発表タイトル』)
小野里佳孝 『S=1/2カゴメ-三角格子ストリップ模型の低エネルギー状態』
加藤大貴 『Fermi-Jaglaモデルとその一般化による液液相転移と水的異常性の包括的理解』
田村雄大 『荷電コロイド粒子の結晶化におけるリエントラント現象の理論』
原向日葵 『タングステンブロンズAxWO3の軌道秩序と構造相転移の理論』
日本物理学会(秋季)@岩手大学(上田キャンパス)
(参加者氏名 『発表タイトル』)
井上雅郎  『流れのあるコロイド分散系に対する排除体積の効果』
中村康晴  『遷移金属ダイカルコゲナイドにおける超伝導と不純物効果』
関孝一   『立体磁気秩序形成に伴う相転移と臨界現象』
土門薫   『Ta2NiSe5の3鎖ハバード模型における励起子秩序のFF状態とLO状態』
小野里佳孝 『カゴメ-三角格子ストリップ上のスピン模型の磁化過程』
田村雄大  『荷電コロイドの結晶化に対する電解質効果』
原向日葵  『タングステンブロンズAxWO3の構造相転移と軌道秩序の理論』
飯塚優人  『1-2-20系の第一原理バンド計算と四極子秩序』
渡部来   『タングステンブロンズAxWO3の超伝導に対する第一原理計算と軌道揺らぎ理論』
日本物理学会(春期)@大阪大学(豊中キャンパス)
(参加者氏名 『発表タイトル』)
大野義章(教授)  『バンド縮退によるFFLO励起子秩序とその揺らぎによる超伝導』
吉森明 (教授)  『溶質に内部自由度がある時のストークス則の微視的導出』
奥西巧一(准教授) 『サイン2乗変形と2次元共形場理論のメビウス量子化』
井上雅郎(D3)  『密度汎関数理論の二流体モデルへの応用』
関孝一 (D2)  『積層カゴメ格子における立体磁気秩序Cubocに対する相転移の解析』
落合真大(M2)  『結合スピンチューブ系に対するスピン波解析II』
土門薫 (M2)  『Ta2NiSe5の3鎖ハバード模型におけるFFLO励起子相の異常物性II』
原向日葵(M1)  『t2gの3軌道模型によるタングステンブロンズAxWO3の電子状態II』
日本物理学会(秋期)@金沢大学(角間キャンパス)
(参加者氏名  『発表タイトル』)
吉森明 (教授) 『溶質溶媒の相互作用が球対称でないときのStokes則の微視的導出』
石塚淳 (D3) 『FeSeの電子状態に対する圧力依存性の理論解析』
関孝一 (D2) 『立体磁気秩序を持つスピン系における相図と臨界指数の解析』
池田光佑(M2) 『対向する自己駆動系が示すレーン形成における輸送効率』
土門薫 (M2) 『Ta2NiSe5の3鎖ハバード模型におけるFFLO励起子相の異常物性』
落合真大(M2) 『結合スピンチューブ系に対するスピン波解析』
原向日葵(M1) 『t2gの3軌道模型によるタングステンブロンズAxWO3の電子状態』
ケルビン祭
日本物理学会(春季)@東北学院大学(泉キャンパス)
(参加者氏名  『発表タイトル』)
奥西巧一(准教授)『不純物問題の数値くりこみ群とエンタングルメント』
山田武見(PD)『Ta2NiSe5の3鎖ハバード模型における励起子状態と励起子揺らぎによる超伝導』
石塚淳(D2)『多軌道d-p模型におけるd-p間クーロン相互作用の効果:電荷・軌道揺らぎによる超伝導』
井上雅郎(D2)『マイクロレオロジーにおける粒子間相互作用と溶媒の効果』
関孝一(D1)『Event-chainモンテカルロ法を用いた立体磁気秩序を持つスピン系に対する臨界指数の解析』
樋口沙希(M2)『core-softenedポテンシャルにおける液液転移:構造、熱力学および動力学の異常性』
星貴也(M2)『T'型銅酸化物の17バンドd-p模型におけるスピン・電荷揺らぎと超伝導』
池田光佑(M1)『非平衡自己駆動系における無秩序 レーン形成転移のシステムサイズ依存性』
土門薫(M1)『Ta2NiSe5の3鎖ハバード模型におけるFFLO励起子状態』

おしらせ

Journal of the Physical Society of Japanに以下の論文が出版されました
"Phase Transitions for Cuboc Orders in Stacked Kagome Heisenberg Systems",
Kouichi Seki and Kouichi Okunishi, J. Phys. Soc. Jpn. 87, 023001 (2018). DOI:7566/JPSJ.87.023001, arXiv:1710.06174.
10月14日(土)に吉森教授が九州大学伊都キャンパスで開催されたミニシンポジウムにて講演を行いました。
演題「Perturbation methods for deriving microscopically the Stokes-Einstein law」
詳しくはこちら(The 11th Mini-Symposium on Liquids MSL2017)。
Journal of the Physical Society of Japanに以下の論文が出版されました。(JPSJ,10月月間ダウンロード数5位)
"Spin-Wave Analysis for Kagome-Triangular Spin System and Coupled Spin Tubes: Low-Energy Excitation for the Cuboc Order",
M. Ochiai, K. Seki, K. Okunishi, J. Phys. Soc. Jpn. 86, 114701 (2017). DOI:10.7566/JPSJ.86.114701, arXiv:1706.02879.
Physical Review Bに以下の論文が出版されました。
"Odd-parity superconductivity in bilayer transition metal dichalcogenides",
Y. Nakamura, Y. Yanase, Phys. Rev. B. 96, 054501 (2017). DOI:10.1103/PhysRevB.96.054501, arXiv:1707.05964.
Journal of the Physical Society of Japanに以下の論文が出版されました。
"Method for Studying Many-Particle Effects on Nonequilibrium Steady States",
M. Inoue, A. Yoshimori, J. Phys. Soc. Jpn. 86, 074604 (2017). DOI:10.7566/JPSJ.86.074604.
arXivに以下の論文が公開されました。
"Snapshot spectra in the world-line quantum Monte Carlo for one-dimensional quantum spin systems",
K. Seki, K. Okunishi, arXiv:1706.09257.
arXivに以下の論文が公開されました。
"Excitonic Phase Diagram of the Quasi-One-Dimensional Three-Chain Hubbard Model for Semiconducting and Semimetallic Ta2NiSe5",
K. Domon, T. Yamada, Y. Ōno, arXiv:1705.05794.
新しくB4のメンバーが7名加入しました。
メンバーのページはこちら
12月17日(土)に吉森教授が新潟中央高等学校で講演会を開催します。
演題「非平衡物理と化学物理」
詳しくはこちら(日本物理教育学会新潟支部)。
淡路(既卒)の修士論文が物性研究・電子版2016年5月号にて公開されました。
短距離古典分子動力学法における加速化手法の系統的構築
山田博士研究員が東京理科大学へ転出されました。
新しくB4のメンバーが7名加入しました。
メンバーのページはこちら
金准教授が大阪大学へ転出されました。
物性理論研究室のホームページがリニューアルオープンしました。
諸活動を紹介・お知らせしていく予定です。どうぞよろしくお願いいたします。
以前のホームページはこちらからどうぞ。
原,吉森教授のグループがJ. Phys. Soc. Jpn.の注目論文"Papers of Editors' Choice"に選ばれました。
J. Phys. Soc. Jpn. 84, 123601 (2015).
九州大学より吉森教授が着任されました。

ページの先頭へ戻る