ホーム > 研究紹介

研究紹介

大野研究室

研究テーマ

強相関電子系

  • 強相関電子系(高温超伝導や重い電子系など)の理論
  • 強結合電子フォノン系(ラットリングなど)の理論
  • 低次元電子系(朝永ラッティンジャー液体)の理論
  • シリコン原子空孔の理論

具体的な研究内容

  • 鉄系高温超伝導体の超伝導発現機構と対称性
  • ラットリング(非調和局所振動)による重い電子の非磁性機構
  • Pr系銅酸化物のCuO2重鎖における1次元超伝導機構
  • 巨大に広がった空孔軌道における強相関・強結合効果

吉森研究室

研究テーマ

化学物理

  • 1. 液体の理論を使った固液相転移の理論
  • 2. 生命現象における溶媒の動的効果
  • 3. 蛋白質などの大きな粒子の拡散の理論
  • 4. 動的密度汎関数理論のソフトマターへの応用
  • 5. 大きな粒子が溶けている溶液の粘性
  • 6. 非平衡現象における新しい関係式と階層の問題

具体的な研究内容

  • 1. コロイドや蛋白質などの固液相転移に、液体の研究で発展した密度汎関数理論を応用する。
  • 2. 水などの溶媒がつくる場の中での蛋白質のダイナミックスと、溶媒の非平衡な効果を研究する。
  • 3. まわりの溶媒よりも10倍ぐらい大きな粒子の拡散係数を溶媒の動径分布関数から計算する理論をつくる。
  • 4. 動的密度汎関数理論と二流体モデルを組み合わせた理論を開発し、コロイド分散系へに応用する。
  • 5. 溶質のまわりの溶媒粒子の密度分布が粘度に及ぼす影響を動的密度汎関数理論により調べる。
  • 6. 揺動散逸定理の破れについての相反定理を研究する。また、巨視的な物体が液体から受ける抵抗力(Stokes則)を微視的な力学から導く。

奥西研究室

研究テーマ

量子スピン系

  • 量子スピン系
  • 量子多体系のエンタングルメントと繰り込み群
  • 拡張アンサンブルモンテカルロシミュレーション

具体的な研究内容

  • ミクロなレベルの磁石(スピン)がたくさん集まったとき、
    どのようなマクロレベルの磁性(秩序)が発現するか、理論的、
    計算物理的に研究しています。

ページの先頭へ戻る